MENU

スピークバディ英語コーチングの評判口コミと私の体験談!無料カウンセリングの感想は?悪い点良い点全部伝える【2023】

スピークバディの口コミ評判と体験談は?

こんな人の疑問をスッキリと解決します!

近年、様々なコーチング英会話サービスがありますが、その中の一つ、スピークバディはご存じでしょうか?

コーチング英会話というと、高額な料金や1日3時間の勉強とハードルが高いですよね。

しかしスピークバディは、他社よりも低価格で、一日の勉強時間も1時間からと敷居が低いのが特徴です。

ただ私は「本当にこれで英語力が身に付くの?」と疑問に思ったので、無料カウンセリングを実際に受けてみました。

こちらでは良かった点や気になる点、感想をお伝えしますので、気になっている方はぜひ参考にしてくださいね。

コーチング英会話スピークバディの魅力!

  • コーチング英会話としては低価格!
  • 学習時間は1日1時間からでも確実に実力が付く!
  • レベルの高い講師陣!

スピークバディ無料カウンセリングの感想

  • 無駄がなく低価格で効率的に学習できる!
  • 高額な他社ほどのメンタルサポートは期待できない

無料カウンセリングを受けると、自分に合うかどうかすぐにわかりますよ! ↓↓↓

無料体験カウンセリングはこちら

初心者におすすめなのはこれ

なら無料で初心者が話しやすいシンプル英語が学べます!

この記事でわかること|タップで飛べる目次

監修者

Taka

3ヶ月でTOEIC900(今920)・試験対策ナシで英検準1級一発合格・1ヶ月でVERSANT50・留学(大学/語学/ワーホリ)3カ国(オーストラリア・カナダ・アメリカ)・外資系/海外勤務経験・海外在住歴10年以上・アメリカ人と結婚/シャドーイング歴1年以上(シャドテンアンバサダー)・オンライン英会話英語コーチング/英会話教室/英語学習アプリ/子ども英会話の受講&取材経験39社以上

スピークバディとは?

検索サイトで「スピークバディ」と検索すると、真っ先に出てくるのはコーチング英会話ではなくAI英会話のスマホアプリの「スピークバディ」。

実は、コーチング英会話「スピークバディ」も、AI英会話アプリ「スピークバディ」も同じ株式会社スピークバディが運営するサービスなのです。

AI英会話アプリ「スピークバディ」とは?

AI英会話アプリ「スピークバディ」は実に優秀なアプリで、100万ダウンロードされた実績のあるアプリです。

音声認識機能で、こちらが発生した英語を読み取り、実際に英会話の練習ができるアプリです。

一般的な英会話スクールと違って、AI相手だから緊張せず、間違いも気にせず練習ができます。

アプリ体験の感想

私も実際に体験してみましたが、ターゲットフレーズを会話形式で「これでもか!」というくらい発話練習できました。

ある程度進むと確認のための英会話テストがありますが、様々な英文に対応できるよう設計されてるので、実際に目の前のネイティブと会話している感覚を味わえました!

このアプリは1週間無料体験ができ、その後は1ヶ月1,950円で利用できます。

しかもコーチング英会話を受講するとこのアプリが無料で使えるんです!

コーチング英会話の「スピークバディ」は?

元々、株式会社スピークバディは上記アプリの開発会社でしたが、受講者の声をアプリの改善につなげるため、また先行投資が必要なアプリと収益バランスをとるために、コーチングサービスを始めました。

そしてそのコーチング英会話、当時としては珍しい完全オンライン型でサービス開始しました。

スピーキングに特化しており、コーチング英会話としては低価格で学習時間も1時間と、受講者の負担が少なく継続しやすいサービスで話題を呼んでいます。

ここが残念!

ただ一点、残念なのはコーチング英会話「スピークバディ」の公式HP。

初めて見たときは、アプリの公式HPに比べてデザインが全く異なるので、どこか怪しいサイトに行ってしまったのではないかと心配になりました。

しかし、優秀なアプリを制作している、しっかりとした会社なのでご安心を!

無料体験カウンセリングはこちら

コーチング英会話スピークバディの魅力

スピークバディでは、自分に合ったカリキュラムに沿って毎日1時間学習し、課題も毎日提出します。

その学習に対し、コーチはほぼ毎日チャットでフィードバックをするので、自分では気づけない発音やニュアンスの違いなどを指摘してもらえます。

週に1度、コーチと45分の通話コーチングで、学習状況や定着度の確認、英会話練習も行い、確実に英語の力を身に着けていきます。

では次に、スピークバディの魅力を詳しく見ていきましょう。

なんといっても低価格!

コーチング英会話に興味ある方の中には、受講料を見てあきらめてしまう方もいるのではないでしょうか?

しかしスピークバディは、教室を持たない完全オンライン型であること、また講師は優秀であってもフルタイムでない方や海外在住の方を採用することで、低価格を実現しています。

他社コーチング英会話と比較すると、約1/3という圧倒的な安さ ですよね! ↓↓↓

プログリットライザップ
イングリッシュ
スピークバディ
入会金 55,000円
(税込)
55,000円
(税込)
0円
コース料金 514,800円
(税込)
580,800円
(税込)
184,800円
(税込)
受講期間3ヶ月3ヶ月3ヶ月
1ヶ月換算の
費用
171,600円
(税込)
193,600円
(税込)
61,600円
(税込)

学習時間は1日1時間でもいい!

もう一つ、コーチング英会話で気になるのが学習時間の確保。

他社コーチング英会話では「毎日3時間の学習時間を確保して下さい!」といわれることがあります。

しかし、スピークバディだと平日1時間、休日2時間確保すれば英語力が確実に伸びる のです。

私の場合、学習時間が長いほど英語力が伸びるとわかっていますが、1日3時間は継続する自信がありません。

でも、スピークバディであれば、最適な学習方法でコーチングしてもらえるので、1日1時間であろうと最短ルートで英語力は伸びるのです。

1日1時間なら続けられそうですよね!

コーチ陣が優秀!

先に述べたように、コーチ陣はフルタイム勤務でない方や海外在住の方が多いです。

しかし採用基準は厳しく、TOEIC900点以上または英検1級以上で、海外での生活や勤務経験がある方が採用 されています。

他社ではもう少し緩い基準のところもありますが、スピークバディはコーチ陣が圧倒的に高い英語力を備えています!

更には、自然と英語を身に付けた帰国子女ではなく、努力して英語を身に付けた日本人コーチであるため、英語学習の苦労も理解している、英語学習のプロなのです。

頼もしいですよね!

無料体験カウンセリングはこちら

無料カウンセリングの体験談

そんな魅力あるスピークバディ、いきなり受講申し込みするのはハードルが高いですよね!

まずは無料カウンセリングを受けられるので、私も受けてみました!

無料カウンセリングの流れ

次の流れでカウンセリングの申し込みをしましたよ! ↓↓↓

  1. スピークバディ公式HPから無料カウンセリングを申し込む
    (名前、メールアドレス、電話番号を入力して送信)
  2. メールに案内が届き、LINEで友達登録をする
  3. LINEの案内に従って、名前を送信
  4. LINEの案内に従って、カウンセリング日程の予約を入れる
  5. LINEの案内に従って、3分程度の事前アンケートを送信する
  6. LINEに届いた案内に従い、予約した日程でZOOMによるカウンセリング

カウンセリングは、すぐに予約を入れたかったのですが、数日後からしか予約できませんでした。

事前アンケートの中身は?

事前アンケートでは、次のようなことが聞かれます。↓↓↓

  • 名前、メールアドレス、住所(都道府県のみ)、年齢、職業、性別
  • スマートフォンの種類
  • 英語の実力について
    CEFR-Jの英語の実力(どのレベルか目安が載っています)
    英検スコア、英検受験年
    TOEIC点数、TOEIC受験年
    その他の英語の資格や留学経験
  • 本気の英語学習に割ける時間
  • コーチング受講で身に付けたい力(スピーキング力とか)
  • 英語学習の目的(仕事で使う方は詳しい内容や、英語の使用頻度)
  • 英語学習歴とどんな学習法をしてきたか

無料カウンセリングでは

私を担当してくださったカウンセラーは、コーチとしても活躍する女性の方でした。

このまま始まるの!?

はじめに驚いたのが、お互い顔を出さないままZOOMミーティング が始まったことです。

他社ではお互い顔を見ながらのカウンセリングが多いですが、スピークバディでは、カウンセリングも受講後のコーチングも、お互いの顔を見ないまま進行します。

理由は、顔を映すための準備等のわずらわしさがないから!

はじめ「顔を見ないと信頼関係も築きにくいのでは?」と思いましたが、その心配もありません。

毎日、どのカリキュラムをどのように進めたかを報告し、それに対して細かなアドバイスを丁寧に返してくれるので、自然とコミュニケーションが多くなり、信頼関係を築けるのです。

まず聞かれることは?

はじめにカウンセラーに聞かれることは、以下の3点です。↓↓↓

  • どのようにしてコーチング英会話のスピークバディを知ったのか
  • 何のために英語学習がしたいのか、何に困っているのか
  • 今までどんな学習をしてきたのか

私はキャリアアップのために英語力を身に付け、将来は英語を使った仕事に就きたいと伝えました。

事前アンケートにも同様の内容を伝えていますが、カウンセリングではより具体的な内容を確認し、どんな方向性で学習を強化すべきかアドバイスをもらいました。

英語の質疑応答でレベルチェック

次に、英語で質疑応答するレベルチェックが5問ありました。

私の場合、質問はある程度聞き取れましたが、やはり英語での返答がうまくできず、スピーキング力の弱さを痛感しました。

カウンセラーは、その返答によってどこまで文法をマスターしているかなど、レベルを確認していました。

その後、自分がどのCEFR-Jレベルに相当するかを教えてもらえます。

コースやカリキュラムについて

カウンセリングでは、コースやカリキュラムについても細かく説明してもらえます。

コースは?

スピークバディには大きく分けて2つのコースがあります。

  • 入門コース(インプット重視)
  • スピーキングコース(スピーキング重視)

スピークバディは、最新の第二言語習得論に基づいたカリキュラムを採用しています。

その理論によると、インプットとアウトプットが8:2の割合で学習することが、最も効率よく学習できる方法なのです。

入門コースは、まさにその割合であるインプットとスピーキングを8:2の割合で学習する、インプット重視のコース です。

文法なども合わせて学習するため、基礎から学びたい方がバランスよく学習できます。

それに対しスピーキングコースは、スピーキングとインプットを1:1の割合で学習するスピーキング重視のコース なのです。

実際に使える英語を身に着けたいと思っていた私には、スピーキングコースを勧めてもらいました。

スピーキングコースのカリキュラムは?

勧めてもらったスピーキングコースの1日当たりのカリキュラムです。↓↓↓

  • スピーキング(15min)
  • アウトプット(15min)
  • 発音(10min)
  • 文法・構文(10min)

一方、入門コースは曜日別のカリキュラムになっています。

無料体験カウンセリングはこちら

スピークバディの感想!良かった点と気になる点は?

次に無料カウンセリングを受けた感じた私の感想です。

良かった点は?

カウンセリングを受けてみて、私が一番良いと感じたところは無駄がないところ!

オンライン完結型で、無駄を省いた分、他に類を見ない低価格コーチング英会話を実現しています。

学習時間も最適なカリキュラムを提示してもらえるので、1日1時間からで十分実力を身に着けられます。

全ての点において無駄を省いていると感じました。

しかし、英会話力をあげるためのコーチの質などは重要視されているので、その点は信頼できます!

気になる点は?

一方、気になる点は以下の点です。↓↓↓

  • メンタル面でのサポートはそれほど強くない
  • 速読などのリーディングを伸ばすカリキュラムがない
  • TOEIC対策コースがない
  • 完全オンラインのため、電波状況等のネット環境が重要

受講するには覚悟が必要!

メンタルのサポートがそれほど強くないため、「1日1時間の学習時間も続ける自信がない」という方には正直難しいかもしれません。

週に1回、電話コーチングもありますが、生活スケジュールを一緒に見直して時間を作りだすほどのサポートはありません。

毎日1時間は確実に勉強する覚悟が必要 です。

速読やTOEICは、別途学習時間の確保が必要!

速読やTOEIC対策を学習したい方は、カリキュラムに含まれていないため、追加で勉強する必要があります。

これらについては細かなサポートをしてもらえませんが、コーチからアドバイスをもらうことは可能 です。

どんな学習をすべきかプロにアドバイスをもらうだけでも、学習の近道になりますよね!

無料体験カウンセリングはこちら

こんな人におすすめ!

ズバリ、次のような方にスピークバディをお勧めします!

  • 本気で英語を学習したい人
  • コーチング英会話を低価格で受講したい人
  • 特にスピーキングを強化したい人
  • 1日3時間は無理でも、1時間なら学習できる人
  • 手厚いサポートまでは不要だけど、自分ピッタリの学習方法を知りたい人

無料体験カウンセリングはこちら

まとめ

こちらでは、コーチング英会話スピークバディの無料カウンセリングついて、私が感じたことをお伝えしました。

しかし、自分で実際に話を聞いてみるのが一番です!

その後無理な勧誘もありませんので、気軽な気持ちで無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

公式HPから簡単に申し込めますよ!

無料体験カウンセリングはこちら

記事作成における参考文献はこちら

編集部では正しい情報を届けるために、以下のような参考文献や公的機関のデータベースを利用してリサーチを行っています。

参考文献

著者・作成者タイトル
小林翔オンライン英会話学習によるスピーキング不安と意識の変容
畠山 均オンライン英語学習プログラムの成果と課題
U.S. DEPARTMENT of STATE, FSIForeign Language Training : FSI’s Experience with Language Learning
メンタリストDaiGo科学的に正しい英語勉強法
三田薫スカイプ英会話を活用した短期大学英語授業の試み ─フィリピン人講師との1 対1 のオンライン英会話レッスンを 授業に組み込むことによる効果─
門田修平決定版英語シャドーイング
白井恭弘ことばの力学 : 応用言語学への招待
白井恭弘外国語学習の科学 : 第二言語習得論とは何か
三木雄信人生最後の英語鬼速やり直し
瀧野みゆき英語の授業に導入したオンライン英会話の評価・課題・可能性
Ron OliverExploring strategies for online teaching and learning
Anna Ya NiComparing the Effectiveness of Classroom and Online Learning: Teaching Research Methods
Panagiotis ArvanitisSelf-Paced Language Learning Using Online Platforms
Susan Y. H. SunLearner perspectives on fully online language learning
Robert J. BlakeCurrent Trends in Online Language Learning
MMD研究所オンライン英会話に関する利用実態調査
JELCAJELCA シンポジウム2021 Spring
井関真大Be動詞もわからなかった私が数年でTOEIC満点をとった英語独学法
川下 郁生フィリピン人講師との1 対1 のオンライン英会話レッスンを 授業に組み込むことによる効果
三田薫フィリピン人講師との1 対1 のオンライン英会話レッスンを 授業に組み込むことによる効果

文献調査に利用しているデータベース・検索システム

Google Scholarさまざまな学術文献を簡単に検索できる。多岐にわたる分野と出典の論説、論文、書籍、要約、法律関係資料を探すことができる。
IRDB学術機関リポジトリデータベース日本国内の学術機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータを収集し、提供するデータベース・サービスです
J-STAGE文部科学省所管の国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が運営する電子ジャーナルの無料公開システム
CiNii Research日本最大規模の学術情報検索サービスです。 公開基盤に登録された研究成果や論文情報のみならず、図書、研究データ、それらの成果を生み出した研究者、そして研究プロジェクトの情報などを包括して探索することが可能です
NiNii BooksNACSIS-CATに蓄積された全国の大学図書館が所蔵する本(図書や雑誌等) の情報を提供するサービスです。 最近の本だけでなく、古典籍、洋書、CD、DVDなども幅広く 検索することができます。
TOEICTOEIC Program(英語テスト事業)、書籍・出版、グローバル人材育成を事業展開するIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が運営するサイトです
英検英検(実用英語技能検定)の公式ウェブサイトです。受験の申し込みや試験日程・検定料・会場紹介、合否確認や過去問題が閲覧できます
VERSANTVERSANTはビジネスで使える英語力を、正確かつスピーディーに測定・分析するテストです。スマホアプリかパソコンがあれば、日時や場所を問わず受験できます。

※上記はコンテンツを制作するうえでの基礎知識としてライター・編集者・監修者が参考にしている文献の一部です。あくまで参考ですので、必ず上記の文献の内容のとおりにコンテンツが作成されているわけではありません。コンテンツ制作には編集部の体験やライターの独自視点により、情報を精査してコンテンツ作成が行われています。

初心者におすすめの無料教材
  • 初心者が話しやすいグロービッシュが学べる
  • 目からウロコのインド式英会話が学べる
  • LINEで24時間質問ができる

メールの登録のみ!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

  • URLをコピーしました!
この記事でわかること|タップで飛べる目次